Culture.pl とはポーランド文化情報を発信しているウェブサイトです。そのメインタスクとはポーランドのアーティストの活動の知識を広げることとポーランド人の聴衆の間で文化意識を高めることです。当サイトは文化に関する知識の大要で、イベント情報(最新なポーランドと外国のイベント)や論文、メディアファイルとプロフィール部を含んだ知識ベースに分かれています。テキストは主にポーランド語と英語でアップされています。Culture.pl は Facebook(5万のファン)も YouTube のチャンネル運営しています。

Culture.pl はアダム・ミツキェヴィッチ・インスティチュート(IAM)が運営しています。2000年に設立された IAM は文化・国家遺産省傘下の、海外におけるポーラ ンド文化紹介を担当する文化機関です。世界の広い地域で活動しています。現在までに実施した文化紹介プロジェクトは、26カ国で4,000件以上、オー ディエンス数は4千万人でした。フランス、ドイツ、ロシア、ウクライナ、イスラエルと英国(ポルスカ!イヤー)では「ポーランドのシーズン」企画を開催しました。2010年に終了した「イギリスにおけるポーランド年」のプロジェクトは、テート・ブリテン、ヴィクトリア&アルバート博物館、カドガ ン・ホールやバービカン・センターなど国際的に著名な会場で行われました。今までに実施したイベントのなかで最大なものは「I, CULTURE」という、ポーランド共和国のEU議長国就任を記念する国際文化交流プログラムでした。2011年7月から12月末にかけての半年間に欧州からアジアまで、10首都の人々に約400件の「I, CULTURE」イベントが提供されました。これらイベントを通して、ポーランドはモダンで、ユニークな国であることに加えて、豊かな現代文化を持つこと を世界に知らせたいと考えていました。つまり、ポーランドはヨーロッパ文化の生まれる場所であることを皆様にわかっていただきたいと考えています。

新しいチャレンジに直面するためのと活動地域を拡大するため、4年前から「アジアプロジェクト」を展開しています。プロジェクトの一環として、2010年には上海万国博覧会において ポーランド文化紹介プロジェクトを実施し、2011年ポーランド共和国のEU議長国就任を記念する国際文化交流プログラムを東京および北京、そして幅の広い様々なイベントを開催する「ポーランドの10月」というプログラムを実施しました。

2013年から私たちはアジア、主に中国、韓国、日本、2014年からインドにもポーランドの文化についてを伝えてきています。2015年には中国のプロジェクトを中心に、アジアにおいて最も大きいポーランドのプログラムイベントを実施しています。その中には、中国国家博物館や中国国家芸術博物館でのポーランド芸術の大規模な展示を始め、4つの劇場プロジェクト、クリスチャン・ルパ(Krystian Lupa)監督の著名な作品である"Woodcutters"公演)や、4つのコンサートツアー(シンフォニア・ヴァルソヴィア のコンサートツアーを含んで)、また北京国際映画祭でのポーランド映画のフォーカス上映など、様々な興味あるプロジェクトイベントを行っています。

今年度は中国でポーランド演劇を広く紹介するグラムを充実します。演出家クルィスティアン・ルパ(Krystian Lupa)、クシシュトフ・ヴァルリコフスキ(Krzysztof Warlikowski)、グジェゴジュ・ヤジナ (Grzegorz Jarzyna)、ウカシュ・トゥファルコフスキ(Łukasz Twarkowski)、パヴェウ・パシニ(Paweł Passini)やポール・バルジェット(Paul Bargetto)の用意された演劇作品が上演されます。北京と武漢市ではアーリー・ミュージックイベントを行い、韓国と中国でポーランドを代表するオーケストラシンフォニア・ヴァルソヴィア(Sinfonia Varsovia)のコンサートツアーを開催します。天津市でミェチスワフ・ヴァインベルグのオペラ「パサジェルカ」(Pasażerka) や日本で行われるフェスティバル/トーキョーでは『Woodcutters』を上演する予定です。インドではポーランド現代美術展や共同制作作品を上演されます。