Content anchor

日本で第5回ポーランド映画祭

どこ: 
日本
新宿区新宿3丁目13番3号 新宿文化ビル6F・7F
東京都
いつ: 
2611月'16
1612月'16
「ボディ」 、監督:マウゴジャタ・シュモフスカ。写真:ヤチエック・ドリガワ

今年で第5回に当たるポーランド映画プレゼンテーションが日本で行われる。このポーランド映画祭では、2016年11月26日から12月16日まで開かれ、近年の優秀作からポーランド映像芸術の古典と評価される作品至る、ポーランド映画16作品を鑑賞できる。今年は、特別に故アンジェイ・ワイダ監督の名作が上映されることになっている。

ポーランド映画祭は、日本でポーランド映画の配給をしているマーメイドフィルム社代表の村田信夫氏の発案で、2011年から途絶えることなく開かれているものだ。毎年、イェジィ・ハス(Wojciech Jerzy Has)、イェジィ・スコリモフスキ(Jerzy Skolimowski)、ンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda)、クシシュトフ・クラウゼ(Krzysztof Krauze)といった最高峰のポーランド人映画監督の作品や、国際フェスティヴァルで授賞されたポーランド映画の最新作が上映される。この映画祭によって、日本の観客はポーランド映画の古典も近年の代表的作品もどちらも鑑賞することが可能だ。

 

 

第五回映画祭のプログラムには、今年度のグディニア映画祭金獅子賞と観客賞を受賞したヤン・マトゥシンスキ(Jan Matuszyński)監督作品「最後の家族 (Ostatnia rodzina)」(2016年)、ベルリン映画祭銀熊賞受賞のトマシュ・ヴァシレフスキ(Tomasz Wasilewski)監督作品「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ラヴ(Zjednoczone stany miłości)」が入った。また、「ルージャ/薔薇(Róża)」「ディ(Body/Ciało)」「ワルシャワ44  リベリオン ワルシャワ大攻防戦(Miasto 44)」といった映画も、日本の観衆に披露される。加えて、今年は、アネタ・コパチ(Aneta Kopacz)監督作品「ヨアンナ(Joanna)」とトマシュ・シリヴィンスキ(Tomasz Śliwiński)監督作品「私たちの呪縛(Nasza klątwa)」の、2015年度オスカー賞ドキュメント映画部門でノミネートされた2本も上映されることになっている。

映画祭プログラム詳細は主催者サイトで。

Facebook Twitter Reddit Share

Did you like our article? English newsletter here

Sign up for newsletter

  • 0 subscribers
  • In accordance with the law from August 29, 1997, relating to the protection of personal data (consolidated text, Journal of Laws, 2002, no. 101, Item 926), I am hereby giving my formal consent to the Adam Mickiewicz Institute, located at 25 Mokotowska Street in Warsaw (00-560), to process my personal data.

  • Email Marketingby GetResponse
See also:
アレクサンドラ・ミジェリンスカ、ダニエル・ミジェリンスキAleksandra i Daniel Mizielińscy、「マップス 新・世界地図Mapy」、出版社:Wydawnictwo Dwie Siostry、資料提供:Instytut Książki / www.instytutksiazki.pl

地球の絵51枚、イラスト4000枚以上に3年の歳月、それがもたらした国際的な成功。この本は、遠く離れた世界の片隅でヒットしただけでなく、批評家の心も、何より世界中で小さな読者たちの心を射止めた。 続きを読む about: アレクサンドラ・ミジェリンスカダニエル・ミジェリンスキ Aleksandra i Daniel Mizielińscy 「マップス 新・世界地図 Mapy」

シネマート新宿, photo: シネマート新宿/fb

東京都

新宿区新宿3丁目13番3号 新宿文化ビル6F・7F
東京都, 日本