Content anchor

ニュース

132月'18
182月'18
G.E.N、監督:グジェトシュ・ヤジナ、TRワルシャワ、写真:Magda Hueckel

ポーランドの最も名のある劇団の一つ“TRワルシャワ”のパフォーマンスが、TPAM国際舞台芸術ミーティングin横浜で見られる。 続きを読む about: TRワルシャワ劇団@TPAM2018

作家スタニスワフ・レムの肖像(1997年クラクフにて),撮影:Elżbieta Lempp

ポーランドSF界の第一人者であり、哲学者、未来学者、エッセイスト。著作はリアリズム小説から風刺にまで及ぶ。1921年ルヴフ(現ウクライナのリヴィウ)生まれ、1946年からクラクフに住んだ。2006年3月27日死去。 続きを読む about: スタニスワフ・レムStanisław Lem:生涯と作品

ワルシャワ中心部のナポレオン広場Plac Napoleonaとプルデンシャルタワーwieżowiec Prudential,1947,写真:Edward Falkowski / CFK / Forum

1945年に始まったワルシャワの復興事業は、単独の建造物の再建ではなく、旧市街全体を復元するという前例のない試みだった。何年もの後、この理念はユネスコの世界遺産に登録されることになるのだが、復興を始めた日、この事業が成功するかどうかは誰にもわからなかったのだ。 続きを読む about: ワルシャワ-瓦礫からの復興

2511月'17
1512月'17
Scene from the film The Last Family, dir. Jan P. Matuszyński, 2016, photo by Hubert Komerski/Aurum Film

11月25日から12月15日、日本の映画ファンに再び、ポーランド映画の数々の素晴らしい作品を楽しむ機会が訪れます。今年のポーランド映画祭は、古典的傑作から若い監督の最新作に至る30作品以上の上映を特色としています。 続きを読む about: 第6回ポーランド映画祭

アンナ・オルウォフスカ,Case study: invisibility展,Ateliér Josefa Sudka(プラハ),写真は作者の厚意による

ポーランドの写真家アンナ・オルウォフスカが、東川町国際写真フェスティバルにて、栄えある第33回写真の町東川賞-海外作家賞を受賞した。 続きを読む about: アンナ・オルウォフスカ,東川町国際写真フェスティバル海外作家賞受賞

2611月'16
1612月'16
「ボディ」 、監督:マウゴジャタ・シュモフスカ。写真:ヤチエック・ドリガワ

2016年、第5回ポーランド映画プレゼンテーションが日本で行われた。このポーランド映画祭は、2016年11月26日から12月16日まで開かれた。近年の優秀作品から、ポーランド映像芸術の古典と評価される作品至る、ポーランド映画16作品を鑑賞できた。2016年は、特別に故アンジェイ・ワイダ監督の名作が上映された。 続きを読む about: 日本で第5回ポーランド映画祭

309月'16
2310月'16
Audience during the Chinese premiere of Krystian Lupa's Woodcutters, Tianjin Grand Theatre, 2015, photo: Culture.pl

クリスティアン・ルパ演出作品が初めて、韓国・日本両国の演劇祭で披露される。ルパの「伐採」はソウルでSPAF演劇祭の幕を開け、東京でフェスティバル・トーキョー演劇祭のメインイベントとなる。 続きを読む about: ルパにアジアが衝撃!「伐採」が韓国と日本の演劇祭で最注目イベントに

99月'16
209月'16
アイ・オン・ポーランド – 展覧会広報ポスター

2016年夏のインドと韓国でのアイ・オン・ポーランド展に続き、今秋、東京の3331 Arts Chiyoda 芸術センターでポーランド版画展が開かれた。 続きを読む about: 東京アイ・オン・ポーランド展

「ここで本を読む展」のポスター、エミリア・ジュバック、photo ザヘンタギャラリーの厚意により

ポーランド人14人のイラストレーターやグラフィックデザイナー、エドガル・ボンク、マウゴジャタ・グロフスカらの作品を紹介する「ここで本を読む」 現代ポーランドの子供向けイラスト展」がワルシャワギャラリーザヘンタでオープンしました。 続きを読む about: 子供向けのイラスト展

クシシュトフ・キェシロフスキ photo: Wojciech Druszcz / Reporter / East News

今回で第56回目を迎えるクラクフ国際映画祭(@Krakow Film Festival)でクシシュトフ・キェシロフスキ監督のドキュメンタリー特集が行われます。 続きを読む about: クラクフ国際映画祭でキェシロフスキ監督の特集上映

Bookarest, photo: Jakub Wittchen

居心地が良い本屋さんは小さな文化センターに変わっていきます。そんなブックカフェの6カ所をご紹介します。 続きを読む about: ポーランドの愛されるブックカフェのガイド

112月'16
202月'16
ピョトル・ボサツキ  Stereo Gallery の厚意により

恵比寿映像祭でポーランドよりピョトル・ボサツキの作品が出品されました。 続きを読む about: 第8回恵比寿映像祭「動いている庭」

1010月'15
1511月'15
タデウシュ・カントル生誕100 周年記念「死の劇場-カントルへのオマージュ」

タデウシュ・カントルの作品を紹介する展示が京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでオープンされました。 続きを読む about: タデウシュ・カントルの作品展

91月'16
72月'16
映像作品 「昼の家、夜の家」photo: アルトゥル・ジミェフスキ、レシェック・モルスキ

2016年1月9日から2月7日にかけて、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで2015年の7月にパヴェウ・アルトハ メルとアルトゥル・ジミェフスキ に行われた「House of Day, House of Night(昼の家、夜の家)」ワークショップの成果発表展が開催されました。 続きを読む about: 「昼の家、夜の家」 Artist Workshop @KCUA 成果発表店

1411月'15
2011月'15
「シンギング・ナプキン」監督:マリウシュ・グジェゴジェク、fot. プレスリリース

2015年はポーランド映画祭が角川シネマ新宿にて開催されました。11月14日より1週間、ポーランド映画の最新作からクラシックの傑作まで全20作品を上映開催されました。 続きを読む about: ポーランド映画祭2015

711月'15
1012月'15
Eye on Poland - logo

Culture.pl 企画でポーランドのグラフィックアートをアジア各国に広く紹介するプロジェクトとして、日本では瀬戸内市立美術館にて11月7日に展覧会を開催しました。またインド、韓国、日本の3国で、2年間をかけて巡回する展覧会となります。 続きを読む about: EYE ON POLAND ― ポーランド最新のグラフィック・デザイン

119月'15
1310月'15
Just Music feat. Kotetsu, photo: SO Jazz

世界的に活躍するピアニスト、クリヤ・マコト氏がポーランドのプレイヤーと結成したプロジェクトと共に中州ジャズに出演しました。 続きを読む about: 今年は中州ジャズフェスティバルにポーランド人のミュージシャンが出演しました

710月'15
1210月'15
ヴォイチェフ•ツバージャ新作「2903」のスチール写真

札幌国際短編映画祭にノミネートされた、ヴォイチェフ•ツバージャ新作の短編映画「2903」が2015年10月に上映されました。 続きを読む about: 「2903」@札幌国際短編映画祭

クランベリー, photo: East News

今、ポーランドではこの8アイテムが健康にも良いので、積極的に食べられています。その8つを紹介します。 続きを読む about: ポーランドのスーパーフード8アイテム!

59月'15
Anna Maria Jopek, photo: Marcin Kydryński

ポーランド出身の女性シンガー、そしてポーランドと日本の親善大使でもあるアンナ・マリア・ヨペックが、2015年の秋に日本で開催される第14回 東京JAZZのメインステージに出演しました。 続きを読む about: アンナ・マリア・ヨペックが東京JAZZに登場しました

82月'15
102月'15
レナータ・ピオトロスカの新作の「Death. Exercises and variations」のシーン 、photo: Marta Ankiersztejn

レナータ・ピオトロスカ(ポーランドの若手のダンサー・振付家)が、横浜にあるSTスポットの国際協働事業で他の3人アーティストと一緒にレジデンスに参加し、横浜で滞在制作した作品のオープンスタジオとTPAMショーケースで「Death. Exercises and variations」というソロ新作品を上演しました。 続きを読む about: 横浜のSTスポット レナータ・ピオトロスカのレジデンス

711月'14
1011月'14
ステファン・ニジャウコフスキ, photo: David A. Fullard

ワルシャワで毎年開催されている本企画は今年5月に6回目を迎え、初の海外開催を日本で行なうこととなりました。 続きを読む about: 東京で国際アートマイムワークショップ"沈黙する身体"が行われました

3110月'14
Elements of the "Patch" system by Beza Projekt, photo: press materials

絆創膏の形の金具を使って組み立てるシンプルな家具をです。 続きを読む about: ベザ・プロジェクト@+48 Social Club

111月'14
エドガル・バンク、photo: Cezary Hładki

受賞グラフィックデザイナーエドガル・バンクが、他ののポーランド人のアーティストとともに東京の VACANT で行われる+48 Social Club プロジェクトの豊富なイベント・プログラムの一環としてワークショップを行います。 続きを読む about: エドガル・バンクによるグラフィックデザインワークショップ

211月'14
アレクサンドラ・ニエプスユの子供向けのワークショップ @ +48 Social Club, Vacant, photo: Kazuomi Furuya

東京の VACANT で行われる+48 Social Club プロジェクトの豊富なイベント・プログラムの一環としてポーランド人のグラフィックデザイナーとイラストレーターによるワークショップが展開されます。アレクサンドラ・ニエプスユが子供やプロ向けのイラストレーションのワークショップを行います。 続きを読む about: 子供、プロ向けイラストレーションワークショップ

2910月'14
Wojciech Smarzowski, photo: Wojciech Druszcz/Reporter
/East News

+48 Social Club デザイン展が VACANT でポーランド人ヴォイテク・スマルゾフスキ監督とパネル・ディスカッションが開かれます。 続きを読む about: 東京でスマルゾフスキ監督とパネル・ディスカッションが開かれます

2910月'14
Still from the documentary "Neon", photo: courtesy of producers

+48 Social Club とはポーランドデザイン展だけでなく、ポーランドのドキュメンタリー映画上映も予定しています。 続きを読む about: ポーランドのドキュメンタリー@VACANT

2810月'14
3010月'14
Soul Service, photo: press materials

ポーランドのファンクとソウル音楽のDJグループ Soul Service が VACANT でライブを開催。 続きを読む about: DJグループ Soul Service が 来日します

311月'14
Small Instruments, photo: press materials

ポーランドデザイン展「+48 Social Club」 の音楽イベントとしてポーランド人のマウェ・インストゥルメンティ(Small Instruments、小柄の楽器の意味)のライブ・コンサートやワークショップが11月3日に開されます。 続きを読む about: マウェ・インストゥルメンティ初日本ライブ

2810月'14
311月'14
+48 Social Club, press materials

+48 Social Club は、東京のまん中に特別企画される期間限定のゲリラ・クラブです。+48 Social Club は、東京デザイナーズウィークの一部として1週間開催されます。 続きを読む about: +48 Social Club - デザイン・展示会・ワークショップ・音楽・映画・スナック&ドリンク