Content anchor

ベザ・プロジェクトは、アンナ・ウォスキェヴィッチとゾフィア・ステゥルミウォ・スキェンニキが設立したワルシャワにあるデザインスタジオ。商品のデザインや少数限定品の製造過程の企画を手がける。

もっと »

エドガル・ボンク(Edgar Bąk)は、ビジュアル・アイデンティティや雑誌のレイアウトを中心としたビジュアル・コミュニケーションの仕事を手がけている。また、イラスト、ポスター、CD ジャケットなど、小規模プロジェクトにも携わる。ジャーナリストのシャーロット・ウェストとともに刊行物「Projekt: The Polish Journal of Visual Art and Design」を作り、ロンドンの出版社 Unit Editions から出版した。ポーランド国内で数多くの賞を受賞。エドガル・ボンクがアートディレクターを務める雑誌「WAW」は、国際的に評価を受け ており、ニューヨークの Society of Publishing Designers から「Merit Award」賞を贈られた。

もっと »

VACANT で開催 された +48 Social Club というデザイン展の時に、ポーランド人のイラストレータ、アレクサンドラ・ニエプスユが子供向けのワークショップを行いました。

もっと »
Elements of the "Patch" system by Beza Projekt, photo: press materials

絆創膏の形の金具を使って組み立てるシンプルな家具をです。

もっと »
アレクサンドラ・ニエプスユの子供向けのワークショップ @ +48 Social Club, Vacant, photo: Kazuomi Furuya

東京の VACANT で行われる+48 Social Club プロジェクトの豊富なイベント・プログラムの一環としてポーランド人のグラフィックデザイナーとイラストレーターによるワークショップが展開されます。アレクサンドラ・ニエプスユが子供やプロ向けのイラストレーションのワークショップを行います。

もっと »
エドガル・バンク、photo: Cezary Hładki

受賞グラフィックデザイナーエドガル・バンクが、他ののポーランド人のアーティストとともに東京の VACANT で行われる+48 Social Club プロジェクトの豊富なイベント・プログラムの一環としてワークショップを行います。

もっと »