Content anchor

アレクサンドラ・ミジェリンスカダニエル・ミジェリンスキ Aleksandra i Daniel Mizielińscy 「マップス 新・世界地図 Mapy」


Okładka książki Aleksandry i Daniela Mizielińskich "Mapy", wyd. Dwie Siostry

地球の絵51枚、イラスト4000枚以上に3年の歳月、それがもたらした国際的な成功。この本は、遠く離れた世界の片隅でヒットしただけでなく、批評家の心も、何より世界中で小さな読者たちの心を射止めた。

地図をなぞる指の旅が、ここまでリアルな形を取ったことは今まで決してなかったはずだ。ミジェリンスキ夫妻Mizielińscyは、地理の教室の壁から使い古された地図を持ってくるお決まりの手法を使ったわけではなかった。2人の地図は、まるで物置の箱から出してきたような、少し日に焼けて汚れている古びた感じの紙。なんとそこには、まるで海賊の地図のように、宝物が隠されているのだ。51枚の絵はそれぞれが大地や海の魔法の冒険。案内人のデュエットがすべての大陸やおもしろい国々を巡る順路を印し、間近に見せてくれる。

アレクサンドラ・ミジェリンスカ、ダニエル・ミジェリンスキAleksandra i Daniel Mizielińscy、「マップス 新・世界地図Mapy」、出版社:Wydawnictwo Dwie Siostry、資料提供:Instytut Książki / www.instytutksiazki.pl
アレクサンドラ・ミジェリンスカ、ダニエル・ミジェリンスキAleksandra i Daniel Mizielińscy、「マップス 新・世界地図Mapy」、出版社:Wydawnictwo Dwie Siostry、資料提供:Instytut Książki / www.instytutksiazki.pl

この地図帳、情報は少しずつ出てくる。ひとつめの地図は、地球全体を見渡したもので、次は国と首都が描かれたヨーロッパ、それからそれぞれの国を詳しく見て行く。他の大陸についても同様だ。凡例に代わって、各国の首都の名、公用語、人口、面積など客観的データを挙げていく。国名に原語を付記したのは大正解だった。読者は言葉も学べる。最後は国旗一覧で象徴的に締めくくられる。だが、この地図帳で目を引くのは、何よりも現実を映し出してくれるミニチュアの人物や動物や料理などだ。イラストを通して、その土地の慣習やよく見かける動植物、特徴的な建造物、地形を形成する自然要素などに触れさせてくれる。北極の氷山やエジプトのピラミッドを眺めたり、インドのカレーを味わったり、有名なメキシコの楽団マリアッチを聞いたり、オランダのチューリップの花の香りを嗅いだり、ブラジルのサンバのリズムを感じたり。「マップス 新・世界地図Mapy」はあらゆる知覚総動員で読む。

その膨大な情報には、初めはちょっと引いてしまうかもしれないし、無秩序な取り合わせは迷子になりそうな印象を強く受けるだろう。しかし、秘められた地球の片隅と時間をかけて取り組んでいるうちに、いつしかその魅力の虜になるのだ。情報の薮の中での迷子になっても、むしろその内容は鮮やかに記憶に残り、時には新しいものまで発見できる。大好きな童話の登場人物や有名な作家や芸術家や王様たちが出てきて、小さな読者が迷路から出るのを手伝ってもくれる。

アレクサンドラ・ミジェリンスカ、ダニエル・ミジェリンスキAleksandra i Daniel Mizielińscy、「マップス 新・世界地図Mapy」、出版社:Wydawnictwo Dwie Siostry、資料提供:Instytut Książki / www.instytutksiazki.pl
アレクサンドラ・ミジェリンスカ、ダニエル・ミジェリンスキAleksandra i Daniel Mizielińscy、「マップス 新・世界地図Mapy」、出版社:Wydawnictwo Dwie Siostry、資料提供:Instytut Książki / www.instytutksiazki.pl

彼ら、ポーランド人イラストレーターのデュエットは、この作品企画に3年を費やした。長い時間をかけ、既に知っていた場所も知らなかった場所もこつこつと巡って行った2人の旅が、42カ国の地図を埋める数千のイラストが生み出した。だれもが知りうる知識は、象徴的な視覚言語に置き換えられている。そうして、無駄な言葉を使わず、ほんのわずかな筆づかいだけで、その民族の歴史や伝統文化や住民の慣習を無限に物語れることを証明してみせた。象徴的で色彩豊か、細かいところまで手の込んだ、ちょっと子どもの絵を思わせる描画が、モノトーンで百科事典的な説明に取って代わった。一方、簡潔でしかも内容の濃い説明もある。植物に動物、地域生産物や習慣の名には、特別に制作されたフォントMrs WhiteとCartographerを使っている。ミジェリンスキ夫妻制作の文字は絵の一部で、その手作りの素朴な字形は、まるでカリグラフィーを気にせず書かれた字のようだ。

子ども向けの地図製作の発想自体は別に新しくも何ともないが、彼らが実現した制作は感動的だ。初版は1か月で売り切れ。その後、「マップス 新・世界地図Mapy」は、フランスで書店協会による名誉ある2013年度Prix Sorcières 賞を受賞、「ニューヨークタイムズ」誌は2013年度子ども向け絵本で最も美しい6冊のうちの1冊として取り上げた。とは言え、20カ国以上の何百万人もの子どもや大人の読者が、何よりもこの本のすばらしさを証明している。

ミジェリンスキ夫妻は、この作品で地図製作アートに画期的なことをもたらし、人間の想像力のエベレスト山に上ったとも言えるだろう。この本は、地理や歴史、動物学、植物学、文化などの授業となり、私たちの地平線を広げた。それよりなにより、何物にも代え難い価値である違いに対する寛容さや、情熱の育成、家族と過ごす時間といったものを、こっそりと読者に与えてくれる。これで、この本は世界児童文学の地図に永遠の痕跡をつけ、世界の20カ国以上の読者に届いた。

執筆:Agnieszka Warnke、2015年8月

受賞歴:

  • 2014年度英国ケイト・グリーナウェイThe Kate Greenaway Medal賞、ノミネーション。
  • フランスの司書協会による児童図書対象の2013年Prix Sorcières賞「ノンフィクション」部門、受賞。
  • イタリアの児童図書対象の2013年度Premio Andersen賞「ノンフィクション」部門、受賞。
  • ドイツの週刊誌「Die Zeit」とRadio Bremenによって毎月与えられる最良児童図書に対する2013年度Luchs – Dezember賞、受賞。
  • 2013年度英国書籍店賞Waterstones Book of the Year 2013ノミネーション。
  • 2013年度ウッジ・デザイン・フェスティヴァルMust Have賞、佳作。
  • 2012年度IBBY Dongポーランドセクション、子ども審査員賞、佳作。
  • 2012年度最高旅行出版物マゼラン賞「子ども向け書籍」部門大賞、受賞。
  • 2012年度National Geographic誌「年間旅行書籍」部門Travelery賞、受賞。
  • 2012年度ポーランド書籍出版協会最も美しい本コンクールNajpiękniejsze Książki Roku 2012、児童生徒向け図書部門佳作。

書名:「地図Mapy」
テキスト・イラスト:Aleksandra & Daniel Mizielińscy
出版:Wydawnictwo Dwie Siostry, Warszawa
2013年第2版
ページ数:110ページ
装丁:ハードカバー
サイズ:37 x 27.20 cm
ISBN: 978-83-63696-64-1
適合年齢:3歳以上

 
Culture.pl

タッグ: マップスaleksandra mizielińskadaniel mizielińskiアレクサンドラ・ミジェリンスカダニエル・ミジェリンスキ

Facebook Twitter Reddit Share

Did you like our article? English newsletter here

Sign up for newsletter

  • 0 subscribers
  • In accordance with the law from August 29, 1997, relating to the protection of personal data (consolidated text, Journal of Laws, 2002, no. 101, Item 926), I am hereby giving my formal consent to the Adam Mickiewicz Institute, located at 25 Mokotowska Street in Warsaw (00-560), to process my personal data.

  • Email Marketingby GetResponse

See also: